測定器の質問と回答欄 
目次
● 食品中の放射性物質に関する検査を実施することが可能である登録検査機関

● 検査機材は全国統一ではありません
● 南相馬市の子供たちからセシウムが検出された件について
● コンベアー式食品の検査機について


食品中の放射性物質に関する検査を実施することが可能である登録検査機関

厚生労働省が[放射性物質検査を実施できる検査機関]として登録した検査機関です。

shokuhin_kensa.pdf

※ この登録された検査機関の中には、震災以前より認可を受けた検査機関や国や県の出先機関は含まれていません。

こんな検査機関は問題外であり、測定詐欺ですから注意して下さい。
http://www.jrmc.jp/pr1/
http://www.naibu-hibaku.jp/
http://www.kankyolabo.co.jp/radioactivity/
http://www.life-silver.com/kankyo/houshasen-seido.html

一部ではありますが、これら検査機関を推奨するサイト、ブログは注意してください。


 検査機材は全国統一ではありません                          2011.11.10UP

検査機器や検査精度にも大きなばらつきがあります。

又、食品の摂取量によっても大きな差が出てきます。
たとえば源乳から10ベクレル検出された場合、牛乳にされた場合は2倍程度に薄められます。
その上で200ccパックとなると実際は1ベクレルとなり、10ベクレルが体内に入る訳ではありません。 
逆に、飲料水から5ベクレルが検出されたとしたら、大人は一日平均2リットル以上の水分が必要になりますから、10ベクレルの摂取になってしまいます。
牛乳の10ベクレルと飲料水の5ベクレルでは、飲料水の方が危険なのです。
なぜ、5ベクレルとしたかは、上水道設備の中で、どんなに頑張っても5ベクレル限界程度までしか検出が出来ない古いGeも存在しています。
これらの古い機材も交換が進み1ベクレル限界以下まで検出可能な上水道が多くなっています。
現在、乳製品及び、飲料水には200ベクレル基準が適応されていますので、どちらも高精度測定がされています。

東京都が始めた50ベクレル検査自体は、ほとんど意味がありませんが、抑止力としては効果があります。
生産地検査は改ざんとは言いませんが、凝縮発生箇所を避ける事が出来ます。
つまり、畑であれば、わずかに高低差があり、排水が出来るようになっています。
高い所の検査をすれば、当然検出されにくくなります。
消費地で検査される事はこう言う不正の発生を抑止する効果があります。
                                                                       目次に戻る


 
南相馬市の子供たちからセシウムが検出された件について   2010.10.28

ホールボディーカウンターで計測されたことは間違いない事実です。
ですが検出されたことよりも、南相馬市の地理的条件を考えて見て頂きたいと思います。
南相馬市の半分はまだ避難区域で飯館村などの避難区域に囲まれ、片側は原発、海に囲まれて陸の孤島と化しています。
こんな中で安全な食品を手に入れる事など出来るでしょうか?
条件は郡山や福島市から比べて、はるかに悪いのです。
それにも関わらず、最大でも30Bq程度に抑えていた母親達の努力は凄いものがあると思います。
福島市では、子供の尿からすら検出されていると聞きます。

母親達はどれだけ努力して安全な食品を手に入れていたのかを考えると頭が下がる思いです。
チェルノブイリの時ですら、日本人は最低でも1日1ベクレル以上を摂取していました。
日本海側では平均5ベクレル以上でした。
南相馬の母達は、汚染された地域であってもあきらめていなかったのです。

どんな所に住んでいても、あきらめたら終りです。
                                                                       目次に戻る


 
コンベアー式食品の検査機について                   2010.10.25

販売会社は富士電機、以下カタログと仕様です。
http://www.fujielectric.co.jp/products/radiation/pdf/shokuhin.pdf
http://www.fujielectric.co.jp/products/radiation/pdf/shokuhin_110906.pdf
製品の位置付けが、あまりにもあいまいな為に新たに資料を添付した様です。
つまり、暫定基準をオーバーするかを検査する検査機器であって、食品中の放射能量を計測する機械ではありません。
厚生労働省は暫定基準の意味を吐き違えています。
500Bq以内であれば数字はどうでもいいと考えているのかもしれません。
もし、この様な機械が採用されたならば、さらに風評被害が拡大するはずです。
少し位なら我慢する人が一斉に買わなくなってしまうはずです。
少しの検出であっても、正確に測定する事が信頼になります。
この様な簡易測定器は購入者にとって不審感増すばかりで、何らメリットはありません。
なぜならば、500Bqを素直に受け入れている人など、ほとんどいないからで、その検査が全品検査だとしても、検査内容に信頼が持てないならば全品検査の意味を持たないからです。

新潟が厚生労働省から離脱するのは、このズサンな検査に乗るわけにはいかないのです。

                                                                       目次に戻る