汚染についての質問と回答欄 
目次
● 今年の黄砂による放射能の影響
● 再警告「有機農法の危険性」
● 関東への拡散シュミーション
● Bomb effect地上核実験と、14C(炭素14)の増加
● 宮城県の汚染  SPEEDI予測公開
● 地球上で最も放射能汚染された地域
● 日本近海の海洋投棄
● 有機農法の危険
● 航空機モニタリングについての疑問点

有機農法の危険性
以前より有機農法のセシウム濃縮の危険性を訴えてまいりました 有機農法の危険 が、このほど神奈川県「有機農業ネットワーク神奈川」の計測資料を見つける事が出来ました。

有機農業ネットワーク神奈川トップページ
http://kanagawa-yuki.net/index.html

測定資料
http://kanagawa-yuki.net/news/n121122.html

放射能自主検査:落葉は数十ベクレルの汚染が残る

 有機ネット神奈川はこのほど、落葉を集めて堆肥を作ったり踏込温床の準備を始める時期を前にして、堆肥材料や堆肥の放射能検査を実施しました。
その結果、一概には言えないものの神奈川県の落葉でも放射性セシウムの濃度は、おおよそ30〜80Bq/Kgであることが分かりました。
また、2011年に厚木市内で集めた落葉を積み上げただけの腐葉土(他の資材は未投入)では478Bq/Kgの放射性セシウムを検出しました(この腐葉土は使用していません)。
腐葉土や落葉堆肥の使用には注意が必要です。 (2012.11.22)


【表1】堆肥材料
No 地域 品名 放射性セシウム 備 考
Cs-137 Cs-134
2 秦野 剪定屑 19 11   
3 秦野 剪定屑 35 14  
8 秦野 落葉 62 16 雑木林より、2012年11月採取。一部に2011年のものが混入している可能性あり。
10 藤沢 緑肥 ND ND 緑肥用エンマー小麦
11 藤沢 緑肥 ND ND 緑肥用スペルト小麦
14 辰野 米ぬか ND ND 長野県辰野町の2011年産米の米ぬか
16 大和 落葉 17 8 大和市内の公園で採取。2011 年のものは掃除されていて無く、2012 年のもの。少し土が混じる。
17 大和 落葉 27 14 No.16 と違う大和市内の公園で採取。2011年のものは掃除されていて無く、2012年のもの。少し、土とコケが混じる。

【表2】堆肥など
No 地域 品名 放射性セシウム 備 考
Cs-137 Cs-134
9 厚木 腐葉土 301 177 2011年11月に収集した厚木市内の落葉だけを野積みし、発酵したもの。
4 秦野 牛糞堆肥 18 11   
5 伊勢原 もみ殻堆肥 69 35 2011 年産のもみ殻と落葉(12 年5 月採取)を使用。雨ざらし。配合比:もみ殻6、落葉1、土1、ビールかす2
6 秦野 鶏糞 ND ND 配合飼料不使用
7 伊勢原 落葉堆肥 61 33 昨年の事故直前の堆肥講習会で作ったもの。11 年3 月の切り返し時、一時雨ざらし
15 綾瀬 堆肥 ND ND カカオ粕(70%)、おから(15%)、雑草屑(10%)、その他

※ 有機農法は水田や畑以外から持ち込まれた有機堆肥によって年々放射性セシウムの濃度が増加していきます。
確かに、一年程度では変化が見られなくても、耕作地以外の草、わら、牛糞、落ち葉などによって少しずつセシウム濃度が増加します。
限界を超えた時にはその耕作地はもう汚染されていて、復旧など出来なくなってしまいます。

同時に作物への影響は年々増していきます。
汚染の軽微だった土地が、数年後には大きな汚染地になっているのです。

もちろん農地ばかりではありません、庭の草刈をして一箇所に放置する事や落ち葉を集めて一箇所に放置する事は、一箇所に激しい濃縮を発生させてしまいます。
草刈後の処理や落ち葉は集めてから可燃物としてゴミ処理をして下さい。
ゴミ処理をする事で、庭の土から植物や草が吸い取って庭の庭の浄化をしてくれます。
草や落ち葉が怖いのではありません、考え方と方法によっては、草や落ち葉は浄化してくれるのです。

人の力では庭土からセシウムを浄化する事など不可能です、でも植えた木や草花、雑草までもが庭の浄化を助けてくれます。
「庭木や草花にセシウムが吸収されて怖い、何も植える気になれない」などの話を多く聞きます。
ですが違います、植える事によって庭は必ず浄化されます、庭を丸裸にせず精一杯に花を植えてください。
                                                                     目次へ戻る

関東への拡散シュミーション  WSPEEDIより作成

   

    SPEED11031419-1516.wmv
    WSPEEDI_31416_31522.mpg

※ 3月14日、午後18時より、15日午後16時までのシュミレーション。
   シュミレーションでは関東への到達は午前1時頃からでしたが、実際の到達時間は午前3時頃で、プルームの通過は午前10時過ぎでした。
   プルームの滞留は約7時間。
若干のずれは生じていますが、ほぼ正しいシュミレーションが行われています。

※ 下図は実際の新宿のモニタリングポストで、午前9時頃。


※ 東北の拡散シュミレーションは、ご案内しました特定の方は引き続きページ公開しています。
                                                                     目次へ戻る

地上核実験と、14C(炭素14)の増加


炭素の長寿命放射性同位体。天然に存在する代表的な人工放射能で、大気中で窒素と宇宙線起源の中性子の反応によって生じる。
地球上の存在量は1500京ベクレル(1.5×1019Bq)と推定されている。
窒素と中性子の反応でつくられる事から、1954年3月1日にビキニ環礁で実施された水爆実験では、1京ベクレル(1.0×1016Bq)以上が大気中で生成した。
わずか広島、長崎型の原爆1個で1京ベクレルもの14Cが生成されるのです。
大気圏内核兵器実験の影響で1960年代半ばからの核実験の影響は計り知れない影響をおよぼしていて、グラフで表す様にBonb effectsと称されるほどです。現在の大気中14Cの量は地上核実験以前の比率に戻りつつあるがかっては約2倍(炭素1gあたり0.45ベクレル)に達した。
半減期は5,730年で、初期は大気中に浮遊する事になるが、雨などと一緒に地上に降り注ぎ土壌に沈着する。
大気中で窒素と宇宙線起源の中性子の反応によって作られる事から、防護する方法などは存在しません。
                                                                     目次へ戻る
宮城県の汚染

※ SPEEDI 2011.03.18の拡散予測から


18日からの東北汚染シュミレーションの公開


※ 以上の解析結果から3月20、03時から18時までの間に飯館村を通過したプルームは長時間に渡って宮城県を直撃し、さらにプルームの帯は岩手県にまで達していたと推測されます。
関東シュミレーションでは3時間おきの資料が公開されていますが、東北の資料では、あまりにも欠落が大きく、必死に隠そうとする意図が見えます。



※ 日本の地殻放射線分布から

宮城県や岩手県南部は日本でも有数な地殻放射線の少ない地域です。

※ 宮城県が発表している放射線マップ  宮城県公式サイトより http://www.r-info-miyagi.jp/r-info/


※ 岩手県が発表している放射線マップ 奥州市、平泉、一関市周辺   (図をクリックして拡大) 岩手県公式サイトより抜粋

宮城県に隣接している地域にも関わらず、宮城県計測の倍を公開しています。
この誤差は測定誤差には大きすぎる値です。

※ 女川原発のモニタリングデータから 13日午前2時に21μSv/hを記録しています。


その他、走行放射線モニタリング計測や走行スペクトル測定から宮城県の汚染は発表されている計測値よりもはるかに大きい結果となっています。
以下あらゆるデータからの予測マップ

※ 上図は、まだまだ完成には程遠いデータしか集積していませんが、中間報告の形で掲載させていただきます。
宮城県の公開データが改ざんされているものなのかは、今後とも詳しい調査を行う予定です。
                                                                     目次へ戻る

地球上で最も放射能汚染された地域 (Most Radioactive Places on Earth) 以下本文は直訳

Hanford, USA

ハンフォードサイトは、ワシントンでは、最初の核爆弾とのためにプルトニウムを製造し、米国の原爆プロジェクトの不可欠な部分だった"ファットマン、"長崎で使用。として冷戦はアメリカの6万核兵器のほとんどのためのプルトニウムを供給する、そのランプの生産まで、上繰り広げた。
廃止が、それでも国の高レベル放射性廃棄物の量の3分の2を保持しています - 液体廃棄物の5300万ガロン、固形廃棄物2,500万立方フィート、面積の下にある汚染された地下水の200平方マイル、それはほとんどの作成米国で汚染されたサイト。
この地域の環境破壊は、放射能の脅威は、単にミサイルの攻撃に到着するものではないことを明確に、しかし、自分の国の中心に潜んでいる可能性があります。

The Mediterranean

放射性廃棄物を含めて - - サービスのために充電し、利益をポケット年間は、イタリアマフィアの"Ndranghetaのシンジケートは、有害廃棄物をダンプするための便利な場所として海を使用しているという申し立てがなされている。イタリアのNGO、レガムビエンテは、毒性や放射性廃棄物を積んだ約40船は1994年以来、地中海水域で消えているではないかと疑っている。
trueの場合、これらの主張は、その真の危険樽の数百が低下するか、何らかの理由でそうでなければ、オープン破るときにのみ明らかになる地中海における核廃棄物の未知の量の気に絵を描く。地中海の美しさがよく意思の環境災害を隠してすることができます。

The Somalian Coast

それはこの不吉なビジネスになると、今述べたイタリアのマフィアの組織は、単にそれ自身の地域に滞在していない。
600毒性と核廃棄物のバレルだけでなく、放射性医療廃棄物を含めて - 政府によって保護されていないソマリアの海と土が、核廃棄物や有害金属の沈没または埋葬のために使用されているという主張もある。実際、国連環境計画は、廃棄物の発錆バレルは2004年の津波は、1990年代にまで遡るダンプされた時にソマリアの海岸線に打ち上げられたと考えている。
国はすでに無政府状態荒れ地であり、そして貧困にあえぐ人々のこの廃棄物の影響は、悪い場合ではない彼らはすでに経験しているものよりも悪化する可能性があります。

Mayak, Russia

マヤクの工業団地は、ロシアの北東部で、数十年にわたって原子力発電所を持っており、1957年に世界最悪の原子力事故の一つの場所だった。放射性廃棄物の最大100トンの巨大な領域を汚染し、爆発によって解放された。爆発は、1980年代までは秘密に保たれた。
1950年以降、工場からの廃棄物が周辺地域に湖Karachayにダンプされました。これは、何千人もが日常的に依存している水供給の汚染につながっている。
火災と致命的な砂嵐を含む - の専門家がKarachayは世界で最も放射性場所かもしれない、と40万人が発生した様々な深刻な事件の結果として、原発施設からの放射線にさらされていると信じています。
湖Karachayの自然の美しさは、放射性廃棄物が十分に人間の致死量を与えるために時間内にその水域に流入する放射線レベルで、その致命的な汚染物質を裏腹に。

Sellafield, UK

イギリスの西海岸に位置し、セラフィールドはもともと核爆弾用プルトニウムの生産施設であったが、その後の商業地域に移動。その操作の開始以降、事故の何百もの工場で行われており、建物の三分の二の周りに自分自身が今、核廃棄物として分類されています。
原発施設は世界で最も放射性海アイルランド海を作り、日常的に海に汚染された廃棄物の約800万リットルを解放します。
イングランドは、その緑の野原とローリング景観で知られていますが、この先進国の中心部に位置しています世界の海に危険な廃棄物を吐き出す、毒性、事故が発生しやすい施設です。

Siberian Chemical Combine, Russia

マヤクは、ロシアで唯一汚染されたサイトではなく、シベリアでは、核廃棄物の四十年分の以上が含まれている化学工場の本拠地です。
地下貯蔵は地下水に漏洩する可能性を秘めている一方、液体廃棄物は、発見のプールに格納され、整備不良のコンテナは、固形廃棄物12万5000トン以上保有しています。
風と雨は、野生生物や周辺地域への汚染を広げている。と様々なマイナーな事故は、プルトニウム行く行方不明となり、放射線を拡散爆発につながっている。
雪の風景が自然のままと真っ白なに見えるかもしれないが、事実はここで発見される汚染の本当のレベルを明確にする。

The Polygon, Kazakhstan

ソ連の核実験の場所と、この地域は現在、現代のカザフスタンの一部です。
サイトは、その"無人島"状態のためにソ連の原爆プロジェクトに充てていた - 70万人が地域に住んでいたという事実にもかかわらず。施設は、ソ連が最初の核爆弾を爆発させた場所であり、世界の核爆発の最大濃度を持つ場所のための記録保持者です:1949 1989から40年以上の456のテスト。
試験施設で実施しながら - と放射線被曝の観点から、その影響は - 1991年に閉じ施設まで、ソ連軍によって秘密に保たれた、科学者は20万人が自分の健康に直接放射線による影響を持っていたと推定している。諸外国を破壊する欲求は、かつてソ連の市民だった人々の頭の上にぶら下がって核汚染の不安につながっている。

Mailuu-Suu, Kyrgyzstan

2006ブラックスミス研究所の報告書によって地球上でトップ10に汚染された場所の一つと考えられ、Mailuu -スーチーにおける放射はない核爆弾や発電所から、彼らが伴うプロセスに必要な材料の採掘から来ている。
エリアは、ウランの採掘と処理施設への家庭であり、現在はウラン廃棄物の36ダンプが残されている - 196万立方メートル以上。
この地域はまた、地震活動が発生しやすく、封じ込めの中断は、数十万人の人々によって使用される汚染水の材料を公開したり、廃棄物の一部が河川に落下する可能性があります。
これらの人々はこれまで核攻撃の危険を被る場合がありますが、それにもかかわらず、彼らは放射性降下物の恐怖の中で地球が揺れるたびに生きるために十分な理由がある。

Chernobyl, Ukraine

世界最悪の、最も悪名高い原子力事故の一つに家には、チェルノブイリの人々の少数が、今の時間の限られた量の領域に許可されているという事実にもかかわらず、まだ汚れが多いです。
悪名高い放射線にさらされるために600万人以上の原因となった事故、そして最終的に4,000から93000という高にチェルノブイリ事故の範囲のために発生する死亡者数のように推定している。
事故が長崎と広島の原爆の100倍以上の放射線をリリー??ス。ベラルーシでは、放射線の70%を吸収し、その市民はそれ以来の増加癌の発生率を扱っている。
今日でも、単語チェルノブイリは、人間の苦しみの恐ろしいイメージを想起させる。

※ 願いは、福島の地がこのリストの中に入らない様にしっかりと処理される事を願います。
                                                                     目次へ戻る

日本近海の海洋投棄


※ 日本周辺への海洋投棄、ナホトカ沖のRU以外はソ連以外による投棄、数字のないものは4TBq未満、RUは1992/3年のロシアによる投棄。

日本では、1955年に初回の投棄が伊豆諸島利島の沖北西数キロの地点(水深1400 - 1500m)で行われ、1957年、2回目は御前崎南方30kmの地点(水深2000 - 2500m)で行われた。
3回目(1958年)以降、最後の15回目(1969年)までは新島東方沖20 - 30キロの地点(水深2400 - 2800m)に投棄された。廃棄物は金属容器に放射性廃棄物をモルタル詰したもので総廃棄コンテナ数は3031個、60.6万立方メートル、15.1x1012Bqと報告されている。
日本による投棄量は放射能換算では少ないほうであるが、投棄した容積では英国、ソ連よりも多い。
なおIAEA_te_1105の報告書には、日本の投棄実績の集計を載せているにも関わらず、日本は過去の海洋投棄に対する質問に対し、「していない」と回答していると記されている。
一方、これに先立つIAEA_te_588の報告書には同様の質問に対し「海洋投棄した」と記されているので[7]、日本政府が虚偽の申告をしたのではなく、IAEAの報告書の誤りの可能性があるが、訂正されずにWeb上で資料が公開されている。また崩壊後の92年にソ連が投棄したとの集計もある。

韓国では、1968-72年の間にコンクリート詰ドラム缶115個(45トン)を韓国東岸沖100qの北緯37度20分 東経130度44分の水深2192メートルの地点に廃棄した。放射線量に関しては情報がない。

ソ連による極東での海洋投棄は1966 - 92年の間にナホトカ沖の日本海(6区域)、サハリン東方沖(1区域)、カムチャツカの東方(2区域)の計9区域で行われた。
投棄された放射性廃棄物は、液体(61回、12.3万立方メートル、456 TBq)、固体(船舶、未封入の大型廃棄物なども含む。
152回、2.2万立方メートル、418 TBq)で総量は14.5万立方メートル、874x1012Bqであった。
1992・93年にはロシアによりナホトカ沖の日本海(2区域)、カムチャツカの東方沖(2区域)に総量9393立方メートル、2.04x1012Bqの放射性廃棄物が投棄された。
なお日本海を含む北西太平洋の放射能汚染については1994-95年の日・韓・露による共同調査では今のところ核実験による放射性降下物以上の汚染は観測されなかったと報告した。他の太平洋、大西洋、北極海の廃棄地点でも各国により調査が行われたが大きな環境汚染は報告されていない。しかしながら幾つかの地点では封入容器からの放射性物質の漏洩が確認されている。

ロシアの放射性廃棄物投棄 、1993年、ロンドン条約締結国であったロシアによる、日本海への放射性廃棄物の投棄が明らかになり、国際世論の批判を招いた。
その後ソビエト連邦時代から行われていたことも公表され、日本ほか沿岸各国により投棄中止の申し入れが行われた。

投棄された廃棄物は条約の規制対象(高レベル)ではなかったが、1996年の議定書による海洋投棄の全面禁止を導く契機となった。
1996年、ロシアは「原子力安全モスクワ・サミット宣言」にて1993年の条約附属書の改正への早期受諾を表明した。

世界の海洋投棄実績
IAEAへ報告されている1946年から海洋投棄が禁止された1993年の間の海洋投棄実績[1]
ソ連と英国による投棄が全体の87%を占める。



海洋投棄実績 1946-93
投棄量
単位TBq (x1012ベクレル)
期間 地点、量
太西洋 太平洋 北極海 合計
旧ソ連 0 874 38,369 39,243 1959-92[2] 北極海20地点、222x103m3, 原子炉および核燃料。
極東(大半は日本海)12地点、145x103m3
ロシア 0 2.1 0.7 2.8 1992-93 北極海3066m3、極東(大半は日本海)6327m3
ベルギー 2,120 0 0 2,120 1960-80 大西洋6地点、コンテナ55,324、23.1x103トン
フランス 354 0 0 354 1967-69 大西洋2地点、コンテナ46,396、14.3x103トン
ドイツ 0.2 0 0 0.2 1967 イベリア半島沖1か所、コンテナ480、185トン
イタリア 0.2 0 0 0.2 1969 大西洋1地点、コンテナ100、45トン
オランダ 336 0 0 336 1967-82 大西洋4地点、コンテナ28,428、19,162トン
スウェーデン 3.2 0 0 3.2 1959-69 バルチック1地点、コンテナ230、64トン。
大西洋1地点、コンテナ289.5、1,080トン
スイス 4,419 0 0 4,419 1969-82 大西洋3地点、コンテナ7420、5321トン
英国 35,088 0 0 35,088 1948-82 大西洋15地点、コンテナ??、74,052トン。
イギリス近海18地点、9.4TBq以上。
米国 2,942 554 0 3,496 1946-70 大西洋9地点、メキシコ湾2地点、コンテナ34,282、?トン。
太平洋18地点、コンテナ56,261、?トン。
日本 0 15.08 0 15.08 1955-69 伊豆諸島近海6地点、15回、コンテナ3031、606x103m3
ニュージーランド 0 1.04 0 1.04 1954-76 NJ東方沖4地点、コンテナ9、0.62m3
韓国   不明     1968-72 日本海1地点、コンテナ115、45トン。
合計 45,262 1,446 38,369 85,077
※ 報告されている各国による海洋投棄の総量は85x1015ベクレル(Bq)である。( Wikipediaより抜粋 )
                                                                     目次へ戻る

 有機農法の危険
有機農法の基本はリサイクルが基本です。
有機の農法によって作られた食物を家畜が食べて、その糞尿や有機農法によって作られた野菜、草などを混ぜて堆肥にする事が有機農法の基本です。
現在の有機農法はどうでしょうか?
疑問点
● 家畜は有機農法によって作られた食物を餌にしていません。
● 有機農法によって作られた草などが堆肥として使用されていません。
● 家畜には薬物投与(抗生物質)などが投与されています。
有機農法はサイクルの中から完全に農薬や薬物を排除しなければ逆に危険を伴います。
抗生物質などの薬物が混入された餌を食べた家畜の糞尿、除草剤などが使われた草で作った堆肥を肥料にした場、野菜からでも抗生物質が検出される場合すらあります。
抗生物質などは、家畜からはすぐに排出されます。
野菜などに使われる農薬は最小限に留められますが、雑草などは大量の農薬が使われます。
これらを含んだ堆肥は簡単にきえてくれませんし、肥料として使用された場合は野菜そのものが取り込んだ状態になります。
完全無農薬、完全有機とは名ばかりの野菜が多くあります。

放射能汚染された堆肥の危険から多くを学んだと思いますが、無農薬、有機についてもう一度考える必要があると思います。
                                                                     目次へ戻る

 航空機モニタリングについての疑問点                    2011.10.28追加修正

新潟の航空機モニタリングは8月30日で東京、神奈川が9月13日でした、にもかかわらず発表は10月12日で新潟が一週間遅れました、それも飛び地の秋田と一緒です、どうしてでしょうか?

地殻放射線マップです

新潟の放射性セシウムのモニタリングです。

新潟ではこんな物を資料添付しました。
http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/977/14/20111012besshi,0.pdf

なぜ、こんなにも類似するのでしょうか?
広域ガンマ線測定器は地殻放射線を測っていたのです。
地殻放射線補正=平均補正ではない事を、この時点では文部科学省は知らなかったのです。
新潟に0.2マイクロを超えそうな場所が点在するとは?
文部科学省も平均補正ではこの矛盾に結論が出ず、検討をする時間が必要だったはずですが、補正出来るだけの地殻放射線データーを持ち合わせていませんでした。
それが、測定から1ヶ月半近く発表が遅れた原因です。
どこか違う県と一緒に発表すればごまかせるとでも思ったのでしょうか?
もし、新潟から指摘がなければ儲け物! !?
新潟に騙しは通用しません、発表即日に新潟は怒り爆発です。
早々に県知事命令で土壌検査の実施を始めました。
長野も発表が遅れるでしょうね?
東京都は意図的に改ざんが行われている可能性すらあります。

これほど、つまらない計測に数百億円の予算をつける文部科学省などはゴミ同然でしかありません。
税金を使う事に意味を見出す連中、ゴキブリは残り物に群がりますが、これら役人はゴキブリ以下の存在と思います、内容はどうでも良いが、予算を付けた者が勝ち組とは?

2011.10.28日追加
本日の南魚沼市のモニタリングカー測定の結果報告がありました。
平均で0.047マイクロシーベルト時である事が確認されました。
また航空機モニタリングで高い線量が計測されていた痕跡も発見出来ませんでした。
したがって、航空機モニタリングで高い線量が計測されていた南魚沼市のモニタリングの信頼性の一部は崩れました。
                                                                     目次へ戻る