低線量被ばくについて考える


以下の図は多くのサイトがセシウムの体内蓄積モデルとしているグラフです。


基本的に上のグラフは成人の摂取量と体内蓄積の関係を生体半減期を元に算出されグラフで、137Csの成人生体半減期を元に作られたグラフです。

次に「けいとううさぎ」さんのデータを拝借して考察してまいりたいと思います。
http://www.keitousagi.com/

以下東京都のデータです。
2012年08月06日 4歳 男性 東京都調布市 0.17 Bq/Kg   あり
2012年07月30日 本人 42歳 女性 東京都世田谷区 0.09 Bq/Kg   あり
2012年07月30日 こども 3歳 男性 東京都足立区 N/D   あり
2012年07月21日 本人 36歳 女性 東京都新宿区 0.08 Bq/L   あり
2012年07月10日 長男 7歳 男性 東京都杉並区 0.06 Bq/L    
2012年07月09日 次男 12歳 男性 東京都世田谷区 N/D   あり
2012年07月09日 8歳 女性 東京都港区 N/D    
2012年07月02日 本人 55歳 男性 東京都調布市 0.12 Bq/Kg   あり
2012年06月30日 長女 3歳 女性 東京都新宿区 0.11 Bq/L   あり
2012年06月30日 長男 8歳 男性 東京都港区 0.21 Bq/Kg    
2012年06月29日 本人 62歳 女性 東京都渋谷区 0.90 Bq/Kg    
2012年06月08日 息子 3歳 男性 東京都渋谷区 N/D 経過観察 あり
2012年06月08日 長女 5歳 女性 東京都板橋区 0.09 Bq/Kg   あり
2012年06月07日 子ども 6歳 男性 東京都東村山市 0.38 Bq/Kg   あり
2012年06月06日 13歳 女性 東京都武蔵野市 N/D 経過観察 あり
2012年06月02日 息子 11歳 男性 東京都練馬区 0.08 Bq/Kg   あり
2012年05月31日 親子 5 歳 女性 東京都渋谷区 N/D 経過観察 あり
2012年05月18日 息子 2歳 男性 東京都江戸川区 N/D   あり
2012年05月18日 3歳 男性 東京都港区 0.10 Bq/Kg   あり
2012年05月16日 9歳 男性 東京都世田谷区 0.24 Bq/Kg   あり
2012年05月14日 4歳 男性 東京都足立区 0.13 Bq/Kg   あり
2012年05月13日 長男 5歳 男性 東京都練馬区 0.10 Bq/Kg   あり
2012年05月12日 息子 6歳 男性 東京都足立区 0.09 Bq/Kg    
2012年05月07日 長男 2歳 男性 東京都港区 N/D    
2012年04月30日 本人 33歳 女性 東京都板橋区 N/D   あり
2012年04月26日 12歳 男性 東京都足立区 N/D    
2012年04月26日 3歳 女性 東京都世田谷区 0.07 Bq/Kg   あり
2012年04月26日 長男 1歳 男性 東京都足立区 N/D   あり
2012年04月26日 次女 4歳 女性 東京都足立区 N/D   あり
2012年04月26日 長女 7歳 女性 東京都足立区 0.09 Bq/Kg   あり
2012年04月25日 3歳 男性 東京都北区 N/D    
2012年04月18日 3歳 女性 東京都羽村市 0.65 Bq/Kg   あり
2012年04月17日 9歳 女性 東京都稲城市 0.07 Bq/Kg    
2012年04月11日 長女 5歳 女性 東京都足立区 N/D   あり
2012年04月06日 長男 7歳 男性 東京都杉並区 N/D   あり
2012年04月02日 4歳 男性 東京都世田谷区 N/D   あり
2012年04月01日 長女 8歳 女性 東京都世田谷区 N/D    
2012年03月31日 長女 4歳 女性 東京都江戸川区 N/D   あり
2012年03月28日 長男 0歳 男性 東京都品川区 N/D    
2012年03月27日 長男 2歳 男性 東京都葛飾区 N/D   あり
2012年03月27日 長男 5歳 男性 東京都墨田区 0.26 Bq/Kg    
2012年03月24日 本人 44歳 女性 東京都大田区 0.09 Bq/Kg    
2012年03月23日 5歳 女性 東京都西東京市 N/D   あり
2012年03月23日 子供 0歳 女性 東京都中野区 N/D   あり
2012年03月23日 息子 9歳 男性 東京都墨田区 N/D    
2012年03月23日 4歳 男性 東京都江東区 0.13 Bq/Kg    
2012年03月23日 長女 7歳 女性 東京都大田区 N/D    
2012年03月22日 9歳 女性 東京都八王子市 N/D    
2012年03月21日 長女 2歳 女性 東京都新宿区 0.41 Bq/Kg   あり
2012年03月19日 3歳 男性 東京都葛飾区 0.07 Bq/Kg    
2012年03月19日 長男 8歳 男性 東京都足立区 N/D   あり
2012年03月17日 8歳 女性 東京都日野市 N/D   あり
2012年03月12日 長男 4歳 男性 東京都国立市 0.17 Bq/Kg   あり
2012年03月10日 3歳 女性 東京都品川区 0.24 Bq/Kg    
2012年03月08日 息子 2歳 男性 東京都葛飾区 N/D   あり
2012年03月08日 本人 32歳 女性 東京都葛飾区 N/D    
2012年03月06日 9歳 女性 東京都葛飾区 N/D    
2012年03月04日 長男 7歳 男性 東京都新宿区 N/D    
2012年03月03日 0歳 男性 東京都江東区 0.07 Bq/Kg    
2012年03月03日 4歳 女性 東京都北区 N/D 機能正常  
2012年03月02日 12歳 男性 東京都武蔵村山市 0.24 Bq/Kg    
2012年03月02日 長女 13歳 女性 東京都豊島区 N/D    
2012年03月02日 実子 1歳 女性 東京都三鷹市 0.10 Bq/Kg    
2012年03月01日 息子 4歳 男性 東京都稲城市 N/D 機能正常
2012年02月29日 息子 6歳 男性 東京都世田谷区 0.52 Bq/Kg    
2012年02月29日 息子 9歳 男性 東京都杉並区 0.27 Bq/Kg    
2012年02月28日 息子 10歳 男性 東京都練馬区 0.17 Bq/Kg    
2012年02月28日 息子 7歳 男性 東京都西東京市 N/D    
2012年02月25日 10歳 女性 東京都西東京市 1.01 Bq/Kg    
2012年02月24日 長女 7歳 女性 東京都杉並区 N/D    
2012年02月21日 7歳 男性 東京都世田谷区 0.26 Bq/Kg    
2012年02月15日 9歳 女性 東京都武蔵野市 N/D    
2012年02月15日 本人(妊婦) 33歳 女性 東京都目黒区 N/D    
2012年02月13日 長女 4歳 女性 東京都小平市 N/D    
2012年02月12日 長男 3歳 男性 東京都文京区 N/D    
2012年02月12日 長女 17歳 女性 東京都江戸川区 N/D 経過観察  
2012年02月10日 8歳 女性 東京都日野市 0.14 Bq/Kg    
2012年02月10日 3歳 男性 東京都府中市 0.08 Bq/Kg    
2012年02月10日 5歳 男性 東京都渋谷区 0.33 Bq/Kg    
2012年02月08日 8歳 男性 東京都品川区 N/D    
2012年02月07日 長男 7歳 男性 東京都武蔵野市 N/D    
2012年02月06日 長女 7歳 女性 東京都世田谷区 N/D    
2012年02月04日 息子 3歳 男性 東京都小平市 N/D     
2012年02月02日 次男 3歳 男性 東京都世田谷区 N/D    
2012年02月02日 本人 34歳 女性 東京都世田谷区 N/D    
2012年02月02日 0歳 女性 東京都江戸川区 N/D    
2012年02月01日 4歳 女性 東京都調布市 0.10 Bq/Kg    
2012年01月30日 5歳 女性 東京都新宿区 N/D    
2012年01月30日 本人 45歳 女性 東京都世田谷区 N/D    
2012年01月29日 次男 14歳 男性 東京都東久留米市 0.19 Bq/Kg    
2012年01月29日 長男 16歳 男性 東京都東久留米市 0.10 Bq/Kg    
2012年01月29日 長男 2歳 男性 東京都中野区 N/D    
2012年01月28日 長女 8歳 女性 東京都世田谷区 0.10 Bq/Kg    
2012年01月28日 本人 37歳 女性 東京都世田谷区 N/D    
2012年01月27日 3歳 男性 東京都中央区 N/D    
2012年01月21日 2歳 男性 東京都目黒区 N/D    
2012年01月21日 36歳 男性 東京都杉並区 N/D    
2012年01月21日 2歳 女性 東京都杉並区 N/D    
2012年01月20日 5歳 女性 東京都荒川区 0.25 Bq/Kg    
2012年01月19日 長男 4歳 男性 東京都世田谷区 0.32 Bq/Kg    
2012年01月17日 息子 3歳 男性 東京都中野区 0.55 Bq/Kg    
2012年01月17日 5歳 女性 東京都新宿区 0.36 Bq/Kg    
2012年01月16日 長男 3歳 男性 東京都練馬区 N/D    
2012年01月16日 息子 4歳 男性 東京都福生市 0.30 Bq/Kg    
2012年01月13日 息子 3歳 男性 東京都中央区 0.34 Bq/Kg    
2012年01月13日 息子 13歳 男性 東京都大田区 0.12 Bq/Kg    
2012年01月11日 3歳 男性 東京都調布市 0.24 Bq/Kg    
2012年01月11日 1歳 男性 東京都小金井市 N/D    
2012年01月11日 長男 3歳 男性 東京都世田谷区 0.34 Bq/Kg    
2012年01月11日 6歳 女性 東京都世田谷区 0.37 Bq/Kg    
2012年01月11日 8歳 女性 東京都稲城市 0.16 Bq/Kg    
2012年01月10日 本人 36歳 女性 東京都府中市 N/D    
2012年01月10日 43歳 男性 東京都府中市 N/D    
2012年01月10日 4歳 女性 東京都府中市 0.35 Bq/Kg    
2012年01月10日 息子 7歳 男性 東京都府中市 0.12 Bq/Kg    
2012年01月01日 5歳 女性 東京都杉並区 N/D    
2011年12月29日 本人 60歳 女性 東京都武蔵野市 N/D    
2011年12月24日 7歳 男性 東京都目黒区 0.20 Bq/Kg    
2011年12月22日 本人 45歳 女性 東京都八王子市 0.03 Bq/Kg   あり
2011年12月22日 本人 29歳 女性 東京都渋谷区 N/D    
2011年12月22日 次男 4歳 男性 東京都足立区 N/D    
2011年12月22日 長男 7歳 男性 東京都足立区 N/D    
2011年12月21日 4歳 女性 東京都豊島区 N/D    
2011年12月20日 長男 5歳 男性 東京都港区 0.24 Bq/Kg   あり
2011年12月18日 本人 23歳 男性 東京都杉並区 N/D    
2011年12月18日 1歳 女性 東京都港区 N/D    
2011年12月17日 本人 41歳 女性 東京都稲城市 N/D    
2011年12月16日 10歳 女性 東京都練馬区 0.28 Bq/Kg    
2011年12月15日 本人 35歳 女性 東京都中央区 N/D    
2011年12月15日 1歳 女性 東京都中央区 N/D    
2011年12月15日 1歳 女性 東京都品川区 0.59 Bq/Kg    
2011年12月15日 長女 1歳 女性 東京都多摩市 N/D    
2011年12月15日 息子 12歳 男性 東京都日野市 N/D    
2011年12月15日 16歳 女性 東京都日野市 N/D    
2011年12月15日 7歳 女性 東京都北区 N/D    
2011年12月14日 息子 4歳 男性 東京都港区 0.12 Bq/Kg    
2011年12月14日 長男 15歳 男性 東京都練馬区 0.40 Bq/Kg    
2011年12月14日 10歳 男性 東京都杉並区 N/D    
2011年12月14日 7歳 女性 東京都世田谷区 N/D    
2011年12月14日 長女 1歳 女性 東京都練馬区 N/D    
2011年12月14日 長女 5歳 女性 東京都足立区 0.31 Bq/Kg    
2011年12月13日 1歳 男性 東京都大田区 0.55 Bq/Kg    
2011年12月13日 4歳 男性 東京都世田谷区 N/D    
2011年12月13日 息子 7歳 男性 東京都杉並区 N/D    
2011年12月13日 息子 4歳 男性 東京都板橋区 0.42 Bq/Kg    
2011年12月13日 7歳 男性 東京都文京区 0.46 Bq/Kg    
2011年12月13日 6歳 男性 東京都府中市 N/D    
2011年12月13日 5歳 男性 東京都杉並区 0.12 Bq/Kg    
2011年12月12日 長女 3歳 女性 東京都小平市 0.35 Bq/Kg    
2011年12月12日 長女 2歳 女性 東京都新宿区 N/D    
2011年12月10日 長女 4歳 女性 東京都目黒区 0.33 Bq/Kg    
2011年12月09日 長男 10歳 男性 東京都中野区 0.27 Bq/Kg    
2011年12月08日 7歳 女性 東京都港区 N/D    
2011年12月08日 長女 17歳 女性 東京都江戸川区 0.25 Bq/L  

なぜ、尿からセシウムが検出されるのでしょうか?
先の体内蓄積モデルで考えて見てください。
経口摂取された食べ物や飲み物は消化器官から吸収されて体内に蓄積されます、けれども蓄積されたセシウムも生体半減期を考えるならば約100日で半分が体外に排出されます。
この生体半減期と摂取量のバランスが平衡するのが約1年ほどとなります。
つまり1日1Bq程度の摂取を続けた場合は250Bq程が蓄積され、尿1Bq/Kgのセシウムが検出される事になります。
※ ただし、汗などからの排出もあります。

セシウムの体内蓄積量が平衡状態に達した今では、経口摂取量と排出量がほぼ平衡状態にあり、1Bq程度の摂取を続けていた事が尿からの排出量が1Bq程度となる相関関係にあります。
たとえば0.5Bq/Kg程度の摂取を続けた人は、0.5Bq/kgの排出量となります。
つまり、摂取量と生体半減期による排出量が平衡する事を知ってほしいのです。
間違ってはいけないのが、1Kgの尿から1Bqが検出されたのは体重に対して1Kgに1Bqが存在しているのではあり、尿から排出されるセシウムは生体半減期による排出であり体重との相関関係はありません。

ここで、ドイツ放射線防護協会の提言を一部抜粋いたします。
評価の根拠に不確実性があるため、乳児、子ども、青少年に対しては、1kg あたり4Bq 以上の基準核種セシウム137 を含む飲食物を与えないよう推奨されるべきである。
成人は、1kg あたり8Bq 以上の基準核種セシウム137 を含む飲食物を摂取しないことが推奨される。
ドイツ放射線防護協会 Deutschland_01.pdf へのリンク
とあります。

もしも、「けいとううさぎ」のデータが正確なものであるならば、ドイツの一番厳格な民間組織の提言を十分に満たしている結果となります。

ここで一つ付け加えるならば、ドイツ放射線防護協会では「
評価の根拠に不確実性があるため」と書かれています。
これは、原発からの放出比率を
計算では、
セシウム137: セシウム134: ストロンチウム90: プルトニウム239 の割合は、100:100:50:0.5としている。

とあります。
これは、警告が発せられた時点ては福島第一原発からの核種放出比率がまだ確定しない段階だったためにチェルノブイリ放出比率を用いての試算となったために、ストロンチウム放出がセシウムに対して25パーセントと試算されています。
ストロンチウム放出比率は、報道された様に、茨城県で600万Bq/km2となっています。
これをKgで換算するならば、6000000Bq/Km2=6Bq/m2=0.06Bq/Kg〜0.09Bq/Kg となります。
※ 変動範囲は土の比重による最大値と最小値

この計算から、ドイツ放射線防護協会の初期試算はストロンチウム90の影響を排除しても構わない程となります。
再計算ではセシウムから他の核種量を割出し実効線量とした場合はセシウム合計10Bq/Kg程となります。

ドイツ放射線防護協会の警告に従うならば、日本ではセシウム合計が10Bq程の場所が初期被ばく、低線量被ばくが発生しない限界点となると思います。


この検証でしようしたモデルやデータは正しい事を証明するものではありませんが、今回のデータ使用は、多くのブログで採用されている物だけから検証した結果で、「けいとううさぎ」さんのデータから見えてくるのは「ドイツ放射線防護協会」の提言を再計算すらしなくても関東圏で「ドイツ放射線防護協会」の提言である4Bq/Kg上回る摂取が発生していなかった事になります。

原子力資料情報室より抜粋
1970年まではアメリカと旧ソ連、それ以後は中国による大気圏内核実験の影響である。
頻繁に核兵器実験が実施された1960年代前半に日本人は1日に1ベクレル以上を摂取していたと推定されている。
1986年4月26日に起こった旧ソ連のチェルノブイリ原発事故では、8京ベクレル(8.0×1016Bq)が放出された。1986年の急激な濃度の増加は、その影響である。
期間が短いとはいえチェルノブイリ原発事故による濃度の増加は大きかった。

以下新潟で調べている日常食、1日分に含まれるセシウムの値 :検出限界0.05Bq
    単位:ベクレル/kg       単位:ベクレル/人・日
    セシウム134 セシウム137 放射性セシウム合計   1人1日当たりの
            摂取量*1)
新潟市 H24.11.14 採取 0.028 0.054 0.082   0.19
西蒲区 H24.10.10 採取 0.019 0.057 0.076   0.18
  H24.9.12 採取 検出されず 0.028 0.028   0.070
  H24.8.8 採取 検出されず 0.017 0.017   0.043
  H24.7.18 採取 検出されず 0.021 0.021   0.050
  H24.6.13 採取 0.030 0.049 0.079   0.20
  H24.5.16 採取 検出されず 0.021 0.021   0.050
  H24.4.25 採取 0.028 0.040 0.068   0.16
  H24.3.15 採取 0.035 0.057 0.092   0.20
  H24.2.15 採取 0.031 0.048 0.079   0.19
  H24.1.19 採取 0.025 0.041 0.066   0.15
  H23.12.8 採取 0.043 0.071 0.11   0.24
柏崎市 H24.11.14 採取 検出されず 0.020 0.020   0.026
  H24.10.10 採取 0.021 0.041 0.062   0.087
  H24.9.12 検出されず 0.028 0.028   0.036
  H24.9.18 採取            
  H24.8.8 採取 検出されず 0.033 0.033   0.043
  H24.7.18 採取 検出されず 0.036 0.036   0.050
  H24.6.13 採取 検出されず 0.034 0.034   0.051
  H24.5.16 採取 0.053 0.083 0.14   0.21
  H24.4.25 採取 検出されず 0.028 0.028   0.036
  H24.3.15 採取 0.054 0.079 0.13   0.18
  H24.2.15 採取 0.025 0.041 0.066   0.086
  H24.1.16 採取 0.024 0.039 0.063   0.095
  H23.12.8 採取 0.028 0.064 0.092   0.16
過去の最高値*2)   検出されず 0.22 0.22    
ICRPのグラフから算出する限りにおいて、体のセシウム吸収率を60パーセントとするならば大人の体内セシウム量は20Bq以下となります。
「けいとううさぎ」の尿計測1Kgから算出するならば尿セシウムは最大0.6Bq/Kgで、50Kg体重の人であれば体内セシウム量は30Bq程度で平衡するはずです。
これが関東圏に住む人の体内セシウム量の上限ではないかと試算され、気を使う人の体内セシウム量は、はるかに低い数値となっているはずです。

一年が経過すると色々なデータを再検証する事が可能となります。
ただ一つのデータだけでは見えない事柄も複数のデータを同時に検証する事で見えてきます。
                                                                       目次へ戻る

リスクモデルについて

以下にあげるしきいちモデルは正しい事が証明されたものではありません、あくまでも参考として色々な考えがある事を理解して頂きたいと思います。
私的には上図の直線モデルが最も現実的ではないかと思います。



低線量の被ばくモデル


                                                                目次へ戻る


防護、被曝トップ 低線量被ばくについて考える 内部汚染の治療